前へ
次へ

フォトウェディングの魅力を実感しました

昨年の秋、同僚が結婚しました。
二人とも仕事が忙しいこともあり、挙式も披露宴も行わなかったそうです。
当初は入籍だけして後は特に何も行う予定がなかったけれど、やはり結婚の思い出を残しておきたいという思いがあり、フォトウェディングを申し込んだそうです。
フォトウェディングはウェディングドレスを選ぶ段階から非常に楽しく、当日はまるで結婚式を行っているような幸せな気持ちになったと言っていたのが印象的でした。
同僚はあまり時間がなかったため、スタジオ撮影を依頼したそうです。
ただ、気に入ったウェディングドレスが2着あり、どうしても1着に絞るのが難しかったので、両方を着用して撮影してもらったそうです。
カメラマンの方がサポートしてくれたので、ポージングも迷うことなくできたと言っていました。
また、メイクもプロのヘアメイクさんが担当してくれたので、とても満足できる写真が撮影できたと嬉しそうに教えてくれました。
ちなみに、そのときに撮影した写真を使って年賀状をつくったと言っていました。
同僚の話を聞いていたら、フォトウェディングの魅力がとてもよく伝わってきました。

Page Top